すぐに駆けつけてくれる葬儀社であれば頼もしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月02日

やはり、葬儀を行う上では、計画性や予定が重要となります。ただ、本人が亡くなられるタイミングと言うのは、どうしても急になってしまうことが多いでしょう。それを考えると、場合によっては緊急で出張に来てもらうことも、視野に入れるべきです。遠く離れた葬儀社の担当者に来てもらうときは、それなりの出張料が発生してしまう可能性もあります。それから、ご逝去された時間から、タイムラグが生じてしまう事も多くあるので、どのくらいの距離になるかも先に確かめておきましょう。

続きを読む

葬儀の香典の相場や基本のマナーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月09日

訃報が届き葬儀に参列することは、長い人生の間では何度か経験することになるという人が多いですが、そう頻繁にあることではないのでいざ参列することになった際には、マナーで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。その中の一つに、香典があります。いくら包めば良いのかで悩む人が多いですが、必ずしもいくら包まなくてはならないという決まりがあるわけではありません。一般的には故人との関係性が深いほど金額も多くなりますが、社会的立場や年齢による違いもあるので、よく考えて金額を決めるようにしましょう。

続きを読む

葬式の時に繰り上げ法要する家が増えてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月09日

一般的な葬儀の日程としては、葬式を済ませたら1週間後に初七日、更に約1ヵ月後には四十九日法要を行う予定となっています。しかし、葬式に関連した法要を簡素にする風潮や、亡くなった方の意向、または遺族の都合によって、繰上げ法要という形を取るところが増えてきました。繰り上げ法要とは、葬式と初七日、四十九日といった法要を全て一緒に執り行うことです。地域によっては四十九日まで一括で行うことは多く、北海道では四十九日まで行うことが当たり前となっています。

続きを読む

時期をみて出す必要がある喪中はがき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月11日

遺族が喪に服する期間のことを喪中といい、普通は亡くなってから一周忌が過ぎるまでの1年間です。喪中はがきは、その年に家族など身内が亡くなって喪中のために新年の年賀状を出さないことのお詫びの挨拶状です。これは年賀欠礼状とも呼ばれています。はがきを送るのは、毎年年賀状を送っている人に対してです。また、故人が生前に年賀状のやり取りをしていた人で亡くなったことを知らない場合には家族から送る必要があります。このときには生前の感謝の気持ちも添えるようにするといいでしょう。

続きを読む

葬儀の供花はそれなりに用意したほうがよい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月18日

葬儀の供花というのは自分で用意しなければならないのかと言うとそれも可能ではあるのですが葬儀会社にお願いすれば手配してもらうことが可能です。例えば自分が喪主でないとしてもこれからは参列する葬儀に対して花を贈るという場合に必ずしも自分が持って行かなければならないというわけではないとも言えます。葬儀会社の方にお願いをしておき、やっておいてほしいと言えばお金を払えばやってくれることになります。当然ながらそれなりの金額になってしまうわけですが誰が贈ったのかというのも明確にわかることになりますのでそれなりにお世話になった人であるならば花は贈るようにしておきましょう。

続きを読む
PAGETOP