抹香と線香に関して簡単に説明します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月19日

「線香」と「抹香」、それぞれの意味をご存知でしょうか。「線香」は、馴染みがあると思いますが、これは香木(こうぼく)を松脂などで練り固め線状に成形したものを言います。椨(たぶ)と呼ばれる木の樹皮粉末をベースとして香木、香料の調合によって作られた香りを加えられたものを「匂せんこう」、杉の葉の粉末を原料として作られ、煙が多く杉特有の香りがするものを「杉せんこう」と言います。これらは日常のお墓参りなどに用いられ、一般的には「線香をあげる」と言われます。

続きを読む

少ない費用で利用できる葬儀や火葬場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月21日

葬儀や火葬場を利用するには、基本的に相応のお金が必要になってきます。しかし葬儀業者や火葬場によっては、少ない費用で利用できるケースがあり、少しでも経済的な負担を少なくできるようにしています。お金にあまり余裕が無い方は、少ない費用で利用できるところを選択することで、満足できる結果を得やすくなります。どのくらいのお金が必要なのかどうか気になる方は、事前に問い合わせをすることで色々と教えてもらうことが可能です。

続きを読む

変化を遂げている葬儀・告別式の形式に関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月13日

昔と大きく変わっていることの一つに、葬儀・告別式が挙げられるのではないでしょうか。かつては自宅葬が主流でしたが、近年は九割以上が葬儀社の所有する会館を利用しています。更に進化を遂げているのが、ペット葬と人形供養だと言われています。一億総ペット時代と言われていますし、犬や猫はもちろんですが、爬虫類や熱帯魚を飼う方も増えています。人形には魂が宿ると言われていますし、古い人形の処分に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

続きを読む

葬儀で重要となる喪主の決め方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年08月16日

身近な人が亡くなった時には、遺族が葬儀を執り行うことになりますが、その際にまず決めなくてはならないのが喪主を誰にするのかということです。葬儀の内容を決めて様々なことの取りまとめをしたり、会葬者やご僧侶への対応を始めとした、重要な役割となっているのでよく考えて決めなくてはなりません。最も影響力を持つのは遺言なので、遺言で指名があれば、指名された人が担うようにしましょう。遺言がない場合には、一般的な決め方としては配偶者が喪主となります。

続きを読む

火葬だけではなくきちんと葬儀をしたいなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年07月12日

大切なペットが亡くなったときは、自治体が運営する施設を利用すれば火葬をしてもらえます。しかし、そのような簡単なことでは気持ちが収まらない方も多いはずです。そのときは、自治体の火葬場を使用するのではなく、専門の業者を活用して、きちんとした葬儀をやってもらうことをおすすめします。なお、葬儀を頼みたいのなら、まずは近くで営業している業者を探さなければいけません。現在では24時間対応の業者もあるため、ネットなどで探して電話をかけてみましょう。

続きを読む
PAGETOP